即日融資 審査 甘い

最終更新日 2016年8月3

多重債務だけどどうしてもお金が必要な方

お金が急に必要になる時は誰にでもありますよね。それは多重債務者にとっても同様です。そういった時、お金の借り入れ先がない場合、途方に暮れてしまうことになります。お金を貸してくれる知人や親類が居れば問題はありませんが、借入件数が5件以上もあるような多重債務者にそう易々と貸してくれる人間はいないのが現実です。そういった人のために、多重債務者への融資を専門とした業者が存在していることを知るべきでしょう。何しろ多重債務専門だから、当然借入件数が4件以上でも融資が可能ということです。審査もほぼ無審査に近いほど甘いのが現状で、余程のことがない限り、審査に通ります。

 

金融会社の長所短所を徹底比較しています。

>>多重債務者融資可能!携帯かスマホでクリック<<

 

 

・総量規制が施行されたことで審査に通らない
総量規制対象外なので、審査に影響されません。必ず審査に通ります。

 

・借り入れ件数が6件あるので審査が不安です
⇒多重債務者専門ローンですので、一定の収入さえあれば問題ありません。

 

・高金利で取り立ても厳しいのでは
⇒金利は通常の範囲内、支払いが遅延すれば取り立てはありますが常識の範囲内です。

 

スピードキャッシング 消費者金融の審査基準とは、現在の借金の額と収入がどの程度あるかです。この二点がクリアされれば、審査に通ります。借金の額とは、大手消費者金融でしたら年収の三分の一以下ですし、中小の消費者金融のおまとめローンならもう少し上でもOKです。収入に関しては、おおよそ年収が300万円以上なら問題ないでしょう。それ以下でも、借金の額が少なければ大丈夫です。アルバイトやパートでも審査に通る消費者金融がありますので、申し込んでみて下さい。

  

専業主婦の方でも身元保証がしっかりしていれば融資を受けることが可能です。その場合、ご主人の収入証明と承諾書を提出すれば審査に通ることが可能です。また、限度額が低くなりますがパートの女性の方でも、大手銀行系消費者金融で申し込みをすることが出来ます。

 

借り入れ件数については、だいたい三件程度を目安に考えると良いでしょう。それ以上の借り入れ件数があると、審査が厳しくなりますし、それ以内であれば審査に通りやすくなります。借り入れ件数は少なければ少ないほど信用が高くなるということです。

 

むやみやたらに消費者金融での借り入れを申し込むと信用調査会社のデートにインプットされていきますので、審査の際に不利になります。確実に借りれるという確証を持った上で申し込むようにしましょう。どうしても審査が不安という方は、匿名で審査が申し込める匿名一括審査を利用すると良いでしょう。概ねの借り入れ先を探すことが出来ます。

消費者金融の申し込みから融資までの流れ

消費者金融へ融資の申込みをしてから実際にお金を手にするまでの手順を簡単に解説します。通常の人ならば審査にそれほど神経質にならずともいいのですが、借り入れ件数が5件以上の多重債務者や過去に自己破産をしたことのあるブラック対象者などは、審査の際、ナーバスになるものです。しかし、審査のカラクリを性格に知っておくとそのような心配もご無用です。

 

1.消費者金融へ審査の申し込みをする

⇒今では大部分の消費者金融がネットからの申し込みが可能ですので、24時間どこからでも申し込みが出来ます。直接消費者金融の窓口に出向く必要はありません。

 

2.確認の電話がかかってきます

⇒申し込みをした消費者金融会社から確認の電話がかかってきます。虚偽の電話番号を記載していたりすると、この確認の電話が不通になってしまうのでこの時点で審査に落とされてしまいます。

 

3.勤務先へ在籍確認の電話がかかってきます

⇒申し込みの際に記載した勤務先へ在籍確認に電話がかかってきます。この場合も虚偽の記載をしていたりすると、在籍確認がとれませんので審査に落とされます。電話の名前は消費者金融の名前ではなく、個人名でかかってきます。

 

4.審査終了(約2時間程度)

⇒在籍確認が取れ次第、審査は通ったようなものです。あとは信用調査会社へアクセスをして現在の債務状況を調査されます。余程のことがない限り、指定の銀行口座のほうへお金が振り込まれてきます。

 

基本的に上記のような手順で融資が実行されます。無審査キャッシングや審査なし、といったキャッチフレーズ広告を掲載している業者もありますが、それはクレジットカードの現金化などであり、実際に無審査がお金を貸してくれる金融会社など絶対に存在しません。貸金業に登録をしていない金融会社などは、ブラックでも融資をしてくれます。

個人資産

金融構造の違いと密接に関連しますが、個人金融資産、企業の資金調達の内訳も大きく異なっています。個人金融資産の内訳は、アメリカでは、証券39%、年金・保険31%現預金12%と証券の比率が高い。ドイツでは、証券37%年金・保険26%現預金36%と、現預金の比率が高くなっています。イギリスでは証券24%、年金・保険52%、現預金21%と、アメリカとドイツの中間の構成となっています。

ドイツにおいても、企業がよりアメリカ流の経営方法を導入してくれれば、企業財務戦略も銀行主導から市場システム活用の割合が増加する方法に変更されることとなり、証券保有比率の増加が予想される。ただし、現預金の割合が大きいのは日本でも同様であり(55%)、証券保有の増加が期待されているが、実際にはなかなか進展していません。老後の生活保障、人口構成などの違いがあり、個人金融資産構成の変化には各国により時間的な差異があるが、ドイツ経営者の変革のスピード、規模、実行状況を考慮すると、ドイツでの金融構造の変化はかなり速いスピードで実施されることが予想されます。

アメリカ、ヨーロッパあるいはアジアというグローバル市場で事業展開する場合には、上記のような金融構造、金融資産構成などの違いおよび今後の変化の見通しを認識して、顧客、地域、商品の各項目の事業展開において対応していく必要があるでしょう。